カテゴリー 《 シャッターチャンス 》   全2ページ
このページのリスト
2009.12.28  
  狙い撃つ
2009.08.24  
  虹と鉄塔 ► 次のページへ

2009.12.28     カテゴリー :   シャッターチャンス

狙い撃つ

P1080611_convert_20091228192126.jpg
P1080612_convert_20091228192219.jpg
P1080613_convert_20091228194054.jpg

今日で年賀状も完成してチャリでポストへ行く。
そのまま帰るとつまらないので、いつもの田んぼへ。
天気は快晴で東の空には月が出ていました。
冬は寒いですが空の青さが違う。あぜ道に止めてぼんやりと空を眺めていた。
そんな時、西から飛行機が雲を引きながらやってきた。
反射的にカメラを構えてみるが、こんなのは何回も撮っているからとやめた。
そしてまたやってきた。「またかよ つまんねーの」と思って見ていると
おおぉぉっ!月とニアミスした。「くそーっ」と思い凹む。
そんな時またアホみたいに飛んできた。
ここで戦闘モードのスイッチがカチンと入る。
まず肉眼で捕らえて瞬時に飛行経路を分析する。
時間にして数秒。標的の月に遭遇する確率が90%と出た。
そして波動砲のように誤差を修整してカメラの倍率を合わせる。
そして両目で監視しながら待つ。一つはカメラの視野。一つは飛行機。
脳の中ではこられがシンクロしたときシャッターを押す。
連写モードで迎え打つ。一発目が命中すると気持ち的に構えが乱れる。
それで3枚目が手振れしました。
これらの行動は自分でも驚くほど速い。
これはカメラの進化が成し遂げたものだといつも思います。

2009.08.24     カテゴリー :   シャッターチャンス

虹と鉄塔

P1010483_convert_20090824013115.jpg
昨日の夕方ハイビスカスに
水をやろうとして外に出たら雨。
もしかしてと東の空を見たら
おおっ虹やーーー!
カメラを持って田んぼへ。
しかし雨はすぐにやんできた。
できるだけシャッターを切ったが
時間にして4分くらいで虹は消えた。
発見するのがも少し遅れたら
完全にアウトでした。
そして後3分すばやく行動していたら
もっといい場所に移動できたかも。
肉眼では約180℃見えても
カメラは広角では無いから全景が入らない。
こんな時デジイチが欲しいと痛感する。
遠くにできる虹は望遠でなんとかなるが
頭上近くはどうすることもできない。
朝夕少し涼しくなってきた。
こんな燃えるような虹とはもう遭遇しないかもしれない。






.
プロフィール                     
        

     敷島博士(和歌山市)     

        

     Author:敷島博士(和歌山市)
    詳しくはこちらから参照して下さい
       リンクはフリーです<(_ _)>
     

<<おきてがみ>>
置手紙のリストが復活しました
別窓から訪問させて頂きます
  このブロクの足跡は付くか分かりませんが
  しばらくこの方法でいきます


 

いつもありがとうございます<(_ _)>

月齢
Today's Moon phase
        暦
  月の観測にぴったり
カテゴリー
         カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
.


リンク
このブログをリンクに追加する