全15ページ
このページのリスト
2013.09.30   カテゴリ:《 夕景色 》
  薄暮冥冥
2013.09.29   カテゴリ:《 夕景色 》
  落日後景 ► 次のページへ

2013.09.30     カテゴリー :   夕景色

薄暮冥冥



今日で9月も終わります。

秋は駿足で吹き抜けて行くような。

田んぼに居た蛙。

クマゼミの鳴き声。

走馬灯のように時空をながれて行く。

自分自身の道に少しでも満足できる軌跡はつけられたか。

市内にも少しチャリで出かけると変電所や機関区がある。

同じ時間でも道行く人は家路を急ぎ

車の往来も多い。

我が身をどんな環境に置くかは自由だけど

ひと時の安らぎだけは必ず持ちたい。

秋から冬へ季節が移ろうとよけい寂しく感じるから。

この日は風が強くて飛ばされそうになりました。

それでも人は大地に根を張り生きて行かなければなりません。

これからの三ヶ月は特にそう思います。

柳の枝のようにススキの穂のように。

自然に逆らわずそして常に自然体。

永遠のテーマです。

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

         
敷島です。いつもありがとうございます<(_ _)>

続きを読む »

関連記事

2013.09.29     カテゴリー :   夕景色

落日後景



夕陽を見に来る人はけっこういるけど

沈んでから夜になるまで居る人はいない。

さらに沈むと帰ってしまう人の多いこと。

特に一見の観光客がそうだ。

落陽の過程なんてあまり問題ではない。

その後どう変化するかが一般的な醍醐味です。

それも一時間くらい経過すると

写真が好きな人も帰ってしまう。

私はそこからが一番興味ある部分。

星空と風景にチェンジする。

私的に根幹なんです。

だから満月なんかは困る。

下弦でこの日は良かった。

宵の明星がひときわ輝き水平線上の雲間に消えていく。

凄く残念なのは飛行機の数。

関西国際空港が近いから突然閃光が現れ

こちらに向かって飛んでくる。

海上をタンカーが通過する。

なんだかゲームをしているような気分になりました。

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

         
敷島です。いつもありがとうございます<(_ _)>

続きを読む »

関連記事


.
プロフィール                     
        

     敷島博士(和歌山市)     

        

     Author:敷島博士(和歌山市)
    詳しくはこちらから参照して下さい
       リンクはフリーです<(_ _)>
     

<<おきてがみ>>
置手紙のリストが復活しました
別窓から訪問させて頂きます
  このブロクの足跡は付くか分かりませんが
  しばらくこの方法でいきます


 

いつもありがとうございます<(_ _)>

月齢
Today's Moon phase
        暦
  月の観測にぴったり
カテゴリー
         カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
.


リンク
このブログをリンクに追加する