にほんブログ村 写真ブログ アマチュアカメラマンへ
にほんブログ村

2014.04.12     カテゴリー :   

彩り











人に色んな表情があるように花にもある。

肌の色が違うように花弁の色も違う。

複雑すぎると綺麗さは損なう。

単色の美。

でも桜においてはスタンダードより稀な方がいい時もある。

視線の方向が違う。

人に例えると個性的なのかもしれない。

←スマホの方はこちらから応援クリッリお願いします。

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

         
敷島です。いつもありがとうございます<(_ _)>








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
敷島さん お早うございます
個性も個性 実に多くの色を見せて呉れる桜ですね。初めて目にしました。
枝も同じ木から伸びているようですね。

人も混血ですと目もさめるような美しい方がいますね。
敷島さんは花にそう言うことを感じませんか。
これとよく似たのがありました。白・赤・混血(?)
うわ~、凄い!としかいえないくらい花がどっさり咲いています。
そうそう、個性的って言いますね。
あら~ん
私の心のようだわ
綺麗で美しくて・・・
駄目?笑
不思議ですね、1本の木に二色の花。
花そのものも二色。
桃の花でしょうか。
凄く綺麗ですね。
今日は。

ソメイヨシノは個々ではやや淡白ながら、樹全体で見るものではないかと、私見ですが。

モモは個々でも華やかですね。
特に花モモは。

桜のように大きな木はありません。
枝で見る。
やはり美しい。

一番下が好きです。P。
相子さんへ
これは幹は同じなんですよ。
個性の塊みたい。
植物も人も同じですね。
混血でしょうか。
確かに仰るとおり。
桜も品種改良で沢山の種類があるようです。
りょうこさんへ
そうそうブログで拝見しました。
どっさり咲くのって質より量ですからね。
パッと見るにはいいかも。
今の時代ってなんでも個性なんですよ。
ちょっと嫌な部分もありますが。
みゆきんさんへ
しっかり自分を分かっているんだ。
でも花の色の様に
二重人格だったりして<(_ _)>
太巻きおはばさんへ
以前から不思議でしたから
私も調べてみました。
★源平桃★
 一本の木に白と紅の二色、厳密に言えばピンクも含めた三色を咲かせる花桃(観賞用)の一品種です。白=源氏、紅(赤)=平家が入り乱れて戦った「源平合戦」に例えられこの名が付いたと言われています。咲き方は土壌にも影響されるようですが、同じ場所・同じ木でもその年の気候などの環境の変化によって白が咲いたり咲かなかったり、紅が咲いたり咲かなかったり、また紅白の割合が不均等…と毎年違った咲き具合を楽しめるようです。
こんな解答が得られました<(_ _)>
ijinさんへ
さすがですね。
パンフを見たら花桃とありました。
低木でも十分見応えがあります。
桜は枝振りなんですね。
私も同感。
一番下がいいです。




.
プロフィール                     
        

     敷島博士(和歌山市)     

        

     Author:敷島博士(和歌山市)
    詳しくはこちらから参照して下さい
       リンクはフリーです<(_ _)>
     

<<おきてがみ>>
置手紙のリストが復活しました
別窓から訪問させて頂きます
  このブロクの足跡は付くか分かりませんが
  しばらくこの方法でいきます


 

いつもありがとうございます<(_ _)>

月齢
Today's Moon phase
  月の観測にぴったり
カテゴリー
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
.


リンク
このブログをリンクに追加する