FC2ブログ
にほんブログ村 写真ブログ アマチュアカメラマンへ
にほんブログ村

2018.08.15     カテゴリー :   日記

あれから73年



平成最後の酷暑の夏。

山中に佇む祖先たち。

B-29の爆音におびえた日々。

時代に流され

語り部たちの

痛ましい戦火の記憶が薄らぐ。

刻まれた人々が心に問いかけてくる。

ご訪問ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
写真はクリックすると拡大します。

       
敷島です。いつもありがとうございます<(_ _)>








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
我が家のじぃちゃんは戦争に行ってません
東京大空襲の時は凄かったと聞いてます

毎年この日には式典がありますが
期間限定ではなく次世代にキチンと
伝えて行く事が大事じゃないかと思います

実体験した人がドンドン少なくなっているので
尚更目を背けずに戒めにしていきたいですね
睦月さんへ
おはようございます

親父も戦争に行ってません。
小学低学年の頃から両親が色々話してくれました。

今年の式典は子供・孫世代が多かったようです。
私たちの世代が語り部として
しっかり伝えていくべきかと思います。
敷島さん お早うございます
とても厳粛な画像を見せて頂き、思いを馳せています。色々とありました。私も敵機に狙われて命を落とすところでした。あの時代のことは時どきブログに書いております。
相子さんへ
おはようございます
ブログは時々拝見してます。
体験者は最高の語り部。
沢山当時の様子を綴って欲しいです。




翻訳
スマホでは見れない言語があります

.
プロフィール                     
        

     敷島博士(和歌山市)     

        

     Author:敷島博士(和歌山市)
    詳しくはこちらから参照して下さい
       リンクはフリーです<(_ _)>
     

カテゴリー
月別アーカイブ
.


リンク
このブログをリンクに追加する