FC2ブログ
にほんブログ村 写真ブログ アマチュアカメラマンへ
にほんブログ村

2018.12.19     カテゴリー :   夜景

関所



真夜中の南天。

古来より移動していた道。

時代と共に増える関。

オリオンも嘆く

人類の進化。

ご訪問ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
写真はクリックすると拡大します。

       
敷島です。いつもありがとうございます<(_ _)>








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは~南半球の夜空には、日本からはなかなか見られない、めずらしく、そして大航海時代に作られた新しい星座がたくさんあるらしいですね。大昔の人たちは星を色んなものに形づけてロマンチックですよね~その時代は空気が綺麗で今よりももっと綺麗にみえたんでしょうね!
たまごバナナさんへ
こんばんは

南半球は上下逆だし日本から見えない
星座が沢山あるのでロマンに溢れてます。
大航海は星座の位置が羅針盤とも言えますからね。
古来の人々は星が生活の一部だったかも。
1970年代でもとても綺麗な空が広がってました。
これから先は更に見える場所が限られてきそうですね。




翻訳
スマホでは見れない言語があります

.
プロフィール                     
        

     敷島博士(和歌山市)     

        

     Author:敷島博士(和歌山市)
    詳しくはこちらから参照して下さい
       リンクはフリーです<(_ _)>
     

カテゴリー
月別アーカイブ
.


リンク
このブログをリンクに追加する